ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。
喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。
また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道など、消化器系のガンが大きな
割合を占めておりますが、これらのガンは食生活と深いかかわりがあると考えられるのです。

しかし禁煙して食生活に気をつけても、現代社会では発ガン物質などの有害物質が体内に入りこんでくることを
完全に防ぐとくことは、不可能に近いです。

たとえ少量でも長年にわたりそれらの発ガン物質を摂りつづけていると、ガンを誘発する原因になりかねません。
完全に有害物質から身を守ることなどできないのなら、それらをできるだけ体外に排出することによって、
発ガンの可能性を低くすることができます。
要するに、体内に入り込んだ有害物質を吸着し、排出する物質を利用することができれば、ガンになる可能性は
低くなるとおいうことです。

実は、体内でそうした役割を果たしてくれるのが水溶性キトサンで、水溶性キトサン(低分子キトサン粉末)を日常的
に摂取することでガンになる確率を確実に下げることができるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す