「ガン対策」 一覧

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-05

抗がん剤これだけ危険だけどなんとかならないか

抗がん剤治療とか放射線治療って、場合によってはというか 誤って人体の正常な細胞も傷つけてしまうこともあるわけで いくら現代高度医学が発達してきているからといって ひとたび病医に通院 入院することになれ ...

011

前立腺がんを再発させないために

高齢男性に多いがんで、特に骨転移しやすく がんが前立腺の中にいるときは手術し 周囲に広がってしまっている場合は、放射線療法や 内部分泌療法を行います。   前立腺がんでホルモン依存症の高いも ...

016

乳がん 早期発見すれば乳房を切り取らずにすむ治療が増加

乳がんじゃ自分で乳房のシコリを発見できるため 早期発見が比較的容易なガンです。 ただし、シコリに気づいてもガン宣告が怖くて 進行がんに至ってしまう人もいます。 早期がんであれば、乳房を切り取らずに腫瘍 ...

no image

水溶性キトサン で苦しい闘病生活の末現在は仕事にも復帰(食道ガン)

もともと虚弱体質で、特にこの10年ほどは膵臓が弱くて病院通いが続いていました。 ある日、強い胸の痛みに襲われたので、胃カメラで検査を受けたところ 「食道に腫瘍ができています」といわれ、手術するようにす ...

0-16

水溶性キトサン飲んだら放射線 抗がん剤副作用が無かった

下腹部の痛みを覚え検査入院 で右の腎臓にかなり大きなガンがみつかり 肺にも影ありと宣告されました。 医者からは腎臓全摘出し、転移防止するために 抗がん剤投与を行うこと、肺ガンは放射線治療と 抗がん剤を ...

no image

一歩進んだ抗がん対策

J.フォークマン博士が開発した新薬 に注目! この新薬はアンジオスタチンとエンドスタチンという2種類の タンパク質。 がん細胞を直接叩いたりするのではなく、その成長を止め 死にいたらしめるという画期的 ...

0-40

食道がん 総合的な治療戦略

高齢者に多くリンパ節転移の確率の高い食道がんは、90%が扁平上皮がんなので、 放射線治療も有効ですが、しかし放射線治療だけでは思うように治癒しないときには、 手術をを中心に化学療法を併用するケースもよ ...

027

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組み

手術・放射線・抗がん剤によるがん治療では得られないこのような結果がなぜ、免疫療法では可能なのか? 本質的にはいろいろ推定されているのですが、 詳しく解明されているわけではありません。   人 ...

0-40

低分子水溶性キトサン がん予防と治療の新しい物質

水溶性キトサン ガン予防作用と抗ガン作用 ①水溶性キトサンは、ガン細胞を直接殺すわけではないが、ガン細胞を抱え込む作用により、ガン細胞の活性力を奪い、腫瘍新生血管の生を阻害し、その異常増殖を抑制するこ ...

no image

全摘した胃がキトサンで回復早く仕事に復帰できた

私の母は、5年前に大腸がんで手術をしましたが、肺に転移し結局亡くなりました。 2年前には兄も胃がんになり、胃を全摘して半年で世を去りました。 家族にとっては悲痛な時期でした。 がんになりやすい家族だと ...

005

乳がん 手術が軽くてすみ 

乳房にシコリがみつかって、去年 市内の病院に行った ところ、乳がんと診断されました。 手術で切除することをすすめられて、ずい分と悩み抜きました。 様々な書籍も読み、乳がんは手術で取るのが有効で、高い確 ...

no image

キトサンあなたを強くするがん予防と治療 免疫療法

がんというのは遺伝子の病気であって幾多の要素が複雑に絡みあって がんになりやすい体質が形成され、なんらかの発ガン作用が加わり がん細胞が形成されるので、いろいろながん治療法がありますが、 決定的な予防 ...

0-32

前立腺がんに水溶性キトサンで対処

その昔の日本ではあまり多くはなかった 前立腺がんですが、食生活の欧米化とともに 高齢化社会を反映して、今は激増しているんです。   男性の50歳代から増え始め 高齢になるほど危険度が比例して ...

08

免疫力が正常に働いているうちは・・いいのですが

微小がんが毎日2000~3000個ぐらいは 私たちの体内で発生していると いわれています。   でも免疫力が正常に働いてくれているうちは それらは摘み取られ、 たいてい発病することはありませ ...

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法以外にがんへ有効な治療法はあるのか

三大療法 以外に新しいがん治療法はないのか 注目の次世代がん治療法としてもっとも期待が寄せられて いる方法が 遺伝子療法と免疫療法なんです。 遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するがんに遺伝子で 対抗 ...

0-40

脳腫瘍に水溶性キトサン

通常、悪性腫瘍のことをガンっていっていますが 頭蓋内に発生する腫瘍は、良性。悪性問わず 脳腫瘍と呼びまして 良性腫瘍は脳細胞の周辺から発生し、進行がゆっくりで 正常な細胞との境がはっきりしていて浸潤し ...

005

乳がん体験談から何を学べますか?

左乳房にシコリがあり、乳がんと病院で判明。 手術で左乳房を切除することをすすめられまして ずい分と悩み抜きました。 いろいろ本も読んだり、乳がんは手術で取るのが 最も有効で、90%以上の高い治癒率であ ...

no image

ガン検診 はたして受けたほうがいいのでしょうか?

ガンは早期発見・早期治療が完治への第一歩です。 ところがガンという病気はそのほとんどが初期の段階では自覚症状のない段階で発見できるかできないか、 完治できるかどうかの重要なタイミングといえます。 ガン ...

no image

肝臓に認められたガンの転移の恐れがなくなった

2016/01/12   -ガン対策
 

私は2年半前にS字結腸ガンの手術を受け・・・再発・転移が怖いので、以来毎月検査に通っています。 CTスキャンを使って検査したところ肝臓に影が見られ「肝臓ガンに転移した恐れがある」といわれました。 &n ...

no image

甲状腺がん甲状腺がんの診断には触診が重要です

 甲状腺がん  甲状腺は頸部の正面下方に、のどぼとけにつづく気管を取り巻くように、位 置しています。 蝶のような形でサイロキシンという全身の細胞の新陳代謝に関与するホルモ ンを分泌します。 甲状腺がん ...

no image

ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。 喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。 また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道な ...

020

乳がんについて

2015/11/12   -ガン対策
 ,

乳ガンは日本には少ないガンでしたが、しかし戦後になって急増し、今後もこの傾向は 続くのではまいかと予測されています。 その理由としては、高脂肪の欧米型の食生活の一般化があげられます。 意外なことに、乳 ...

027

ガンを引き起こす原因があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか?

ガンが遺伝子の突然変異により起因 そしてガンを引き起こす原因というのは 遺伝子に突然変異をおこさせる誘引要素のこと、すなわち初発因子(発ガンイニシエーター)ということになって 一般に「発ガン物質」と呼 ...

no image

予防から根治まで一貫して作用する

これまで紹介してきているように。キトサンのガンにたいする作用は、 ガンの予防からすでにガンになっている場合の治癒、根治にも効果を 発揮することがわかっております。 またキトサンには、放射線物質の体外へ ...

no image

膀胱ガン

40歳以上の男性に多いガンです。 表在ガンと浸潤ガンとに分けられます 表在ガンはほとんど転移というものはありませんが、再発を繰り返します。 膀胱ガンの70%が表在ガンです。 浸潤ガンは転移しやすく、肺 ...

Copyright© キトサン効果 低分子キトサンで健康ボナンザ , 2018 All Rights Reserved.